​実際の鍼灸治療の流れ

​ここでは実際の鍼灸治療の様子を紹介していこうと思います。SETOでは患者様のお悩み・体質によって治療法を変えていくので、治療の一例となります。症状・ご希望によってマッサージや鍼通電療法等治療法などを用います。

1.問診で患者様のお悩みを伺い、脈診で体質を診断します。

問診中
脈診中

​2.体質に合わせたツボに鍼を置いていきます。

刺鍼 大都
施術 大都 刺鍼

​3.体質改善効果をアップさせるツボにも鍼を置いていきます

施術 刺鍼 足三里
施術 刺鍼 関元

​4.慢性痛を抑え、頭をスッキリさせる「背外側前頭前野」という部位に鍼を置いていきます。

背外側前頭前野
背外側前頭前野 刺鍼

​5.10分程置鍼します。この間に冷えのあるツボや力の無いツボにはお灸を置いていきます。

施灸 関元 水分

​6.うつ伏せになってもらい腰に施術をします。この方は肩こりにお悩みだったので、肩にも鍼をします。

肩井 肩外兪 刺鍼
背部兪穴 刺鍼

​7.再度脈診で脈が整ったかを確認し、術後の気分などを問診させて頂き終了です。今回の施術は大体40分程度でした、お疲れ様でした。

脈診 確認
確認 問診