はり・灸の効果

  SETOでは東洋医学・西洋医学の両面から患者様の体の状態を把握し、治療を行います。

 ・東洋医学的な治療

 体の経絡という気の流れを、様々な性質を持った経穴(ツボ)で良い流れに持っていくという考え方で治療をします。​流れの強い所・弱い所を腕の脈や問診などから判断し、全身のバランス調整を行います。内臓を通る流れを良くする事で、手足のツボへの治療で内臓を治療する事もできます。

 ・西洋医学的な治療

 病理学に基づいた病態の把握と、生理学に基づいた治療をします。治療では、はりや灸で与えられた刺激によって起こるいくつかの反応を利用します。

 1、刺激によっておこる軸索反射という現象では、周辺の血管が拡張し血流を良くすることで、筋肉の緊張を緩めます

 2、刺激によって脳から分泌されるエンドルフィン(脳内麻薬)により痛みを抑制します

 3、自律神経を刺激して整えることで、免疫の調整をしたり、疲労感やめまいなど全身の症状を改善します

 私は特に体のバランス調整、自律神経の調整に重点を置いて治療しています。病院の検査では異常無しと言われたが悩んでいる症状がある、他の治療を受けているが症状が改善しないといった方、是非一度はり・灸の治療を受けてみて下さい。